新着記事

展望

登山 登山余話

【登山余話7】初雪の立山・浄土山から五色ヶ原を見る

山行データ 2020年10月17~19日。67歳。妻と同行。 名古屋(クルマ)立山駅(ケーブルカー・バス)室堂(歩き)浄土山~室堂。   Goto~立山から氷見へ 氷見の海でとれたで初冬の魚を味わいたい、というのが発心。 10月中旬だと名産の寒ブリにはちと早いが、富山湾をゆりかごにする氷見の魚は舌鼓を打たせてくれるだろうと。 地酒なども傍らに。   30年前、氷見の隣の高岡で仕事をしていたころ、氷見の新鮮、美味な魚を堪能する経験を得ました。 夏には氷見の海で、幼い子供たちと海水浴をした ...

もっと読む

冬の五色ヶ原

登山 登山余話

【登山余話6】蓼科山ーー1969年8月、16歳の夏旅

山行データ2020年8月10~11日。67歳。妻と。名古屋(クルマ)沢渡(シャトルバス)上高地(歩き)徳沢ロッジ二泊。下山後松本一泊、13、14日と美ヶ原~霧ヶ峰散策、霧ヶ峰二泊。     新型コロナで明けた新年と百名山 新型コロナの猛威は年を明けてもおさまる気配がありません。 イギリスやアメリカでワクチン投与が始まったとはいえ、その効果が現れ、その他の感染対策が機能し合わなければ、日々の生活は不安におびえ続けることでしょう。 一年延期になった東京五輪は中止にした方がいい、という世論も ...

もっと読む

ハクサンフウロと美しの塔

登山 登山余話

【登山余話6】新型コロナ猛威の夏、蝶ヶ岳から霧ヶ峰へ⑤

山行データ2020年8月10~11日。67歳。妻と。名古屋(クルマ)沢渡(シャトルバス)上高地(歩き)徳沢ロッジ二泊。下山後松本一泊、13、14日と美ヶ原~霧ヶ峰散策、霧ヶ峰二泊。   1969年8月、風雨の美ヶ原を歩く わたしが初めて美ヶ原を歩いたのは、高校2年夏、1969年(昭和44)8月5日の早朝。 仲間と6人の旅は、前日朝早く名古屋駅を鈍行で出発し、松本駅からバス便にかわり、夕方には美ヶ原頂上の旅館に入っていました。 春の修学旅行で信州が好きになったわたしたちは、列車の車中からはしゃぎに ...

もっと読む

美しの塔

登山 登山余話

【登山余話6】新型コロナ猛威の夏、蝶ヶ岳から霧ヶ峰へ④

山行データ2020年8月10~11日。67歳。妻と。名古屋(クルマ)沢渡(シャトルバス)上高地(歩き)徳沢ロッジ二泊。下山後松本一泊、13、14日と美ヶ原~霧ヶ峰散策、霧ヶ峰二泊。   音楽祭のない岳都・松本の8月 下山にせよ、入山にせよ、汽車で松本駅に立つと、市中の人たちに囲まれた自分が、異形の登山者なのだと意識します。 今さらですが、この駅は上高地から槍穂高へ向かうのにも、さらに大糸線を北上し、表銀座、裏銀座、白馬連山を歩くのにも要衝です。 中央線(東京、名古屋)、篠ノ井線、大糸線が安曇野の ...

もっと読む

きのこ

登山 登山余話

【登山余話6】新型コロナ猛威の夏、蝶ヶ岳から霧ヶ峰へ③

  山行データ2020年8月10~11日。67歳。妻と。名古屋(クルマ)沢渡(シャトルバス)上高地(歩き)徳沢ロッジ二泊。下山後松本一泊、13、14日と美ヶ原~霧ヶ峰散策、霧ヶ峰二泊。   かつての牧場を抜けて 穂高の岩壁や穂高前衛の山嶺の狭い底を刻む梓川沿いに、珍しく開けたところが徳沢。 槍穂高へ向かうのにも下るのにも、ここに来るたびに心身がスッと伸びやかになります。 この広がりはかつて徳沢牧場だったというのです。 (百瀬藤雄ガラス乾板写真集『北アルプス万華鏡』・郷土出版社より「徳沢 ...

もっと読む

© 2021 山と空と風と、海 Powered by AFFINGER5