新着記事

顔を洗う

北アルプス 登山

第6章 唐松岳から白馬岳、日本海⑪~ざんざ降りの日本海~

山行データ2002年8月8日-12日。49歳。単独。3千m峰はないが、日本海~3千m峰全山~太平洋の旅程から外せない。長い尾根をたどる山旅が、日本海の親不知海岸にたどり着く。祝福なのか、国道そばの登山道取り付きにたったとたんに、ドドッと雨が降り注いだ。   霧雨をさ迷うように下る 雨のような霧のような水滴が、まとわりつくように、濃く降り続いています。 日本海の重い湿気が地表の隅々まで行き渡ります。 白鳥小屋から日本海までは標高差1,200mを下り切る山道です。 気晴らしにもなり、励みにもなる広い ...

もっと読む

唐松岳から白馬岳10

北アルプス 登山

第6章 唐松岳から白馬岳、日本海へ⑩~白鳥小屋と雨音~

山行データ2002年8月8日-12日。49歳。単独。3千m峰はないが、日本海~3千m峰全山~太平洋の旅程から外せない。栂海新道をたどり、二つの無人小屋に泊まりつなぎ、雨の中を日本海へ。     栂海山荘で明日に備える 栂海山荘に着いたのは、わたしが一番遅かった。 一、二階が低く区割けしてある渋い山小屋です。 <さて、どこにリュックを下ろそうか・・・> 入り口に立って見回すと、15人ほどの宿泊者がめいめいの持ち物を広げていました。 雪倉岳の山頂で出会った例の女性が私と正面の位置で目が合っ ...

もっと読む

朝日岳

北アルプス 登山

第6章 唐松岳から白馬岳、日本海へ⑨~長々と北上する栂海新道~

  山行データ2002年8月8日-12日。49歳。単独。3千m峰はないが、日本海~3千m峰全山~太平洋の旅程から外せない。日本海へ導いてくれる栂海新道は、果てないほどに長く感じるが、確実に潮の香りを含む。   日本海から槍ヶ岳へと歩く若者二人 雪倉岳(2,610m)の北斜面を下ると目の前に朝日岳(2,418)が広がります。 (雪倉岳を越えて、朝日岳を遠望する) 足下の縦走路は鞍部から登り返しています。 カメさんを自覚しながら、たいていの縦走者の背中を見ながら下ります。 ササが多い最低鞍 ...

もっと読む

富山湾

北アルプス 登山

第6章 唐松岳から白馬岳、日本海へ⑧~雑魚寝のち、山頂~

  山行データ2002年8月8日-12日。49歳。単独。3千m峰はないが、日本海~3千m峰全山~太平洋の旅程から外せない。小屋にはそこそこに登山者が宿をとるが、夜更かしまで長引く耳元の雑談は、楽しい寝物語とは限らない。翌朝の山頂ではへまな一幕を招いてしまう。   日本海をそこに見る避難小屋 雪倉岳(2,610m)の避難小屋に着きます。 ここから山頂までは1時間くらいの登りです。 床張りの中はしっかりしていて、10人以上は泊まれそうです。 日本海を目指し朝日岳や栂池新道を歩く人々には、ほ ...

もっと読む

三国境

北アルプス 登山

第6章 唐松岳から白馬岳、日本海へ⑦~つれづれに雪倉岳~

  山行データ2002年8月8日-12日。49歳。単独。3千m峰はないが、日本海~3千m峰全山~太平洋の旅程から外せない。雪倉岳は、その山名が気に入っていつか訪ねてみたいと願ってきた山です。   三国境をさらに北へ 今日の予定は、雪倉岳(2,610m)の山頂に取り付く鞍部に建つ小屋まで。 北アルプスでは珍しい、無人の避難小屋です。 「ゆきくらだけ」――喉に転がしてみると、実に響きがいい。 深々と峰を覆い尽くす白雪をふくよかに連想します。 三つの漢字の並びにも、凛とした誇りを感じます。 ...

もっと読む

© 2020 山と空と風と、海 Powered by AFFINGER5