月別アーカイブ:2019年04月

八郎坂(下)

北アルプス 登山 登山余話

【登山余話5】山の日と八郎坂(下)

2019/4/25  

前回の記事はこちら   八郎の死 立山称名滝ちかくの八郎坂命名の由来は、立山ガイド佐伯八郎にちなむことは、すでに見ました。 八郎の死を悼み、その功績をたたえるためでした。 八郎の死。昭和11 ...

八郎坂(中)

北アルプス 登山 登山余話

【登山余話4】山の日と八郎坂(中)

2019/4/24  

前回の記事はこちら   称名新道から八郎坂へ 八郎坂命名のいわれと、山岳ガイド佐伯八郎の人となりの手がかりは、いくつか見当たります。 まず、命名から。 『立山黒部の歴史と伝承』(桂書房・廣瀬 ...

八郎坂(上)

北アルプス 登山 登山余話

【登山余話3】2017 山の日と八郎坂(上)

2019/4/23  

  国民の祝日「山の日」(8月11日)にちなむニュースやテレビ番組が、いくつか放送されていました。 東京都の最高峰雲取山の標高2017mが西暦2017年の数字と同じだというので、随分な人気だ ...

利尻岳アイキャッチ

登山 登山余話

【登山余話2】利尻岳と二つの海

2019/4/20  

山行データ2016年8月28日。63歳。妻と同行。礼文岳登山の二日後。鴛泊登山口(5時間)利尻岳(4時間)鴛泊登山口。台風10号の接近が気がかりになっている。 青に浮き立つ利尻富士 上空をさんざん押し ...

礼文岳山頂アイキャッチ

登山 登山余話

【登山余話1】礼文岳とハマナス

2019/4/18  

山行データ2016年8月26日。63歳。妻と同行。台風10号が本州南から北上し、東北地方に上陸しようかという動きのころ。 炎夏脱出 (礼文岳への登り口付近。ブッシュにZ形に登山道が刻まれていく) &n ...

【御嶽山3-1】樽前山

御嶽山 登山

第1章 御嶽山の③~火の山、信仰の山~

2019/4/17  

  山行データ 51歳。2004年9月18~20日。 新宿(午前零時前)~塩尻~木曽福島へ列車。バスで覚明堂下車。 18日は7合目でテント、19日に山頂越え、一般道に出て木曽福島駅まで歩く。 ...

【御嶽山2-2】有珠山・メモ

御嶽山 登山

第1章 御嶽山の②~火山にはひるむ…1977・有珠山噴火から~

2019/4/17  

  山行データ 51歳。2004年9月18~20日。 新宿(午前零時前)~塩尻~木曽福島へ列車。バスで覚明堂下車。 18日は7合目でテント、19日に山頂越え、一般道に出て木曽福島駅まで歩く。 ...

御嶽山

御嶽山 登山

第1章 御嶽山の①~木曽福島、鈍行列車の小景~

2019/4/16  

【写真説明】 乗鞍岳から飛騨へ下る登山道から御岳山(右)をのぞむ。緑のハイマツ斜面と青い御岳山の間を白雲が埋める。左の峰続きは中央アルプス。   山行データ 51歳。2004年9月18~20 ...

笈ケ岳

はじめに 登山

【はじめに】山歩きと、タイトルの関係に悩むこと

2019/4/15  

  このブログには、<山と空と風と、海> とタイトルをつけました。 「日本海の富山湾(親不知海岸)と太平洋・駿河湾(田子の浦海岸)を結び、3千メートル峰のすべてを歩いた」という内容のお話です ...

© 2020 山と空と風と、海 Powered by AFFINGER5