北アルプス 登山余話 登山記録

【登山余話3】2017山の日と八郎坂(上)

 

前回の余話
礼文岳雲割れ・利尻
【登山余話2】利尻岳と二つの海

    山行データ2016年8月28日。63歳。妻と同行。礼文岳登山の二日後。鴛泊登山口(5時間)利尻岳(4時間)鴛泊登山口。台風10号の接近が気がかりになっている。   ...

続きを見る

 

国民の祝日「山の日」(8月11日)にちなむニュースやテレビ番組が、いくつか放送されていました。

東京都の最高峰雲取山の標高2,017mが西暦2017年の数字と同じだというので、随分な人気だと、山頂からの生放送もありました。

あいにくの天気で、展望はありませんでした。

 

雲取山には桜の季節と落葉の季節の二度訪ねていますが、天気に恵まれれば富士山が随分と近くに感じられます。

山登りが、自然に親しむ平和に担保された行為であることを、こうした報道から願わずにいられません。

八郎坂登り口

 

八郎坂:名の由来

さて8月初めに、北アルプス立山を歩きました。

落差日本一(350m)の称名滝の落ち口近くから始まる「八郎坂」から弥陀ヶ原、室堂などを巡る旅でした。

 

八郎坂の存在は知っていましたが、歩くのは初めてです。

人の名に由来する登山道だとは容易に想像できます。

 

登山道には、表銀座の「喜作新道」とか、穂高の「重太郎新道」など、開削者を伝える名を見かけます。

故人ではありますが、喜作にしろ、重太郎にしろ、山岳世界では著名人です。

 

単行本から人となりもしのべますが、八郎は私にとっては未知の人物です。

 

登山口の石碑の裏にある紹介文は淡泊ですが、立山の麓にある立山博物館の記載をネット検索すると、こうあります。

  1. 八郎坂は、大正13年(1924)に、当時の第九師団富山連隊(歩兵第35連隊)によって開かれた。
    当時の弥陀ヶ原は、一時的に軍隊の演習場に利用されていた。現在はケーブルカー駅がある千寿ヶ原からの立山禅定道では、大砲などの重火器が運搬できなかったため、称名滝から直接、弥陀ヶ原へ登る道になった。
  2. 急坂のために「胸突き八丁」から”八丁坂”と呼ばれた。
    登山者から、「立山の谷や尾根には、有名なガイドの 名前が付いている、”八丁坂”にも、名前を付けたらどうか」との話があり、当時有名な山岳ガイド佐伯八郎の名前をとって、八郎坂となった。
  3. 昭和29年(1954)千寿ヶ原から美女平までケーブルが開通すると、八郎坂は荒れて利用できなくなったが、 昭和52年(1977)に整備されて現在に至っている。

称名滝_ウ
(八郎坂の登りからは、垂直に落下する称名滝の全貌が開けてくる)

 

旧日本軍軍事道路

つまり、軍事道路だったというわけです。

佐伯八郎は、登山道開設に無関係なのです。

となりますと、八郎本人は、命名をどういう思いで受け止めたのでしょうか。

 

富国強兵は明治以来の旧日本の国是でした。

徴兵制も敷かれ、日清、日露、第一次大戦、第二次大戦へと、戦争に次ぐ戦争を戦い続けた旧日本のカタチの中に、八郎の日々もありました。

 

佐伯姓が示すのは、八郎が立山信仰のガイドの集落としてかつて繁栄し、その姓が多い芦峅寺と縁がありそうなことです。

 

戦争の時代を映し出す軍事訓練用道路に、自分の名が付けられることについて、何か思うところはあったでしょうか。

人物像の手がかりはないでしょうか。

 

(この項続く)

続きの余話
称名滝
【登山余話4】山の日と八郎坂(中)

    称名新道から八郎坂へ 八郎坂命名のいわれと、山岳ガイド佐伯八郎の人となりの手がかりは、いくつか見当たります。 まず、命名から。   『立山黒部の歴史と伝承』(桂書 ...

続きを見る

 

 

 

Amazonチャージ

Amazonギフト Amazonでお買い物をするならAmazonチャージのご利用がおすすめ!

チャージごとに最大2.5%のアマゾンポイント還元です。

各種クレジットカードの還元率が下がってきている事と比べるとお得な還元率。

このチャージシステムを利用して上手にお買い物を楽しんで下さい(^^)
 

\簡単チャージ!/

Amazonギフト券の入金方法を確認してみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴン

1952年生まれ。 18歳で高校を卒業後、他県生活を30年余。 北海道、北陸、東京など、転勤に伴い転々とする。 退職後は2013年から自宅で小さな英語塾を開設。夫婦で小中高生や社会人と接する一方、夏秋になると北アルプス、南アルプスの山歩きをしている。 中学、大学でプレーした卓球を退職数年前に約35年ぶりに再開。地元高校のコーチは5年目(2020年4月現在)

よく読まれている記事

笈ケ岳 1

  このブログには、<山と空と風と、海> とタイトルをつけました。   「日本海の富山湾(親不知海岸)と太平洋・駿河湾(田子の浦海岸)を結び、3,000メートル峰のすべてを歩いた」 ...

2

  関心のままに手元に置いてきた山の本を並べると、本棚の一区画を占めるようになってきました。 本の背表紙を見やるだけで、まだ見ぬ山旅へと誘い、過ごした山旅を回想させてくれます。   ...

薬師・避難小屋 (2) 3

    山行データ19歳。大学2年。 1972年7月28日ー8月7日:八方尾根・唐松岳から黒部川へ下り、阿曽原、剣沢、立山、薬師岳、黒部源流、西鎌尾根・槍ヶ岳、槍沢から上高地へ下山 ...

北薬師岳付近 4

    山行データ19歳。大学2年。 1972年7月28日ー8月7日:八方尾根・唐松岳から黒部川へ下り、阿曽原、剣沢、立山、薬師岳、黒部源流、西鎌尾根・槍ヶ岳、槍沢から上高地へ下山 ...

北穂から槍 5

    山行データ2002年7月31日ー8月4日、49歳。単独。 上高地から入山。槍沢経由で槍ヶ岳から南下し、大キレットを通過、穂高の連山を経て上高地に戻る。 ★3,000m峰は槍 ...

-北アルプス, 登山余話, 登山記録
-, ,

© 2021 山と空と風と、海 Powered by AFFINGER5