南アルプス 登山記録

【第10章】聖岳から赤石岳④~風圧にたわむテント~

前回の記事
【第10章】聖岳から赤石岳③~聖岳に向かうひとり人~

山行データ1999年7月31日―8月3日、46歳。単独。静岡駅からバス便。 畑薙ダム(終点)から歩く。茶臼岳から上河内岳を経て聖岳(3,013m)、兎岳から百間平、赤石岳(3,120m)を踏んで椹島へ ...

続きを見る

山行データ

1999年7月31日―8月3日、46歳。単独。静岡駅からバス便。
畑薙ダム(終点)から歩く。茶臼岳から上河内岳を経て聖岳(3,013m)、兎岳から百間平、赤石岳(3,120m)を踏んで椹島へ下山。
聖岳は南アルプスで最後に踏む3,000m峰。

 

赤石岳の沢筋から風塊

さほど遠くはない赤石岳の谷底で、何かがヒッとなくような微音が生まれたのを聞きつけます。

針の先ほどの風の塊になったようです。

 

また来るぞ・・・わたしはテントのなかで目を覚ましていて、音を大きくしながら迫ってくる風塊に身構えます。

 

ドゥ・ドゥ・ドゥ・・・谷筋に這う植物をたたきつけながら急接近してくると、風塊はフライをばたつかせながら吹き去ります。

 

ペグで四隅を固定していないので、ふんわりと持ち上げられる浮揚感が残ります。

 

わたしは風塊があたる谷側に横たわり、自分自身をおもりにして、テントがさらわれないようにします。

 

さほどの猛威ではないにしても、一人で持ちこたえるのは緊張があります。

 

通り過ぎてホッとするまもなく、次の風塊が押し上げてくるのです。

何回も何回も。

 

谷筋を駆け上がるのにつれて、威力をぐんぐんと増して、この尾根を越していくようです。


(前日は聖岳から険しい下りと登りののち、テントを張った)

 

突風のルートがある

一様に吹くようにも見える風ですが、川に急流や瀞がめまぐるしいように、確かに一気呵成に通過する風の道があるものです。

 

台風下の秋の日高山脈・七ッ沼ではテントの支柱が折れたものです。

 

梅雨の雨が降る北アルプス五色ヶ原近くの尾根では、一歩を踏み出すのに躊躇する場所がありました。

 

わたしがテントを張った場所こそが、強風の川の通過地点のようです。

 

ゴキゲンなテント場の本性?暴露です。

 

テントをさらわれることはないと読んではいますが、気持ちのよくないまま朝を迎えます。

 

フードから外を見やると、濃い霧が立ちこめています。

 

どうする・・・

 

ひとまず出発の準備を整えてテントの外に出ると、霧の赤石岳の方面から若者6人のパーティがやってくるではありませんか。

 

ガスは見る間にきれいに消えてしまい、数時間前までのテントのなかで抱いた胸騒ぎは霧散してしまします。


(中盛丸山の山頂から赤石岳を背にする)

 

百間洞のテント場から?

聞けば、大学生。

 

5人は仙丈ヶ岳~光岳~畑薙第一ダムへと縦走中。

 

別の仲間の一人は別ルートで、聖平で合流するという。

 

若い活力に満ちた靴音はザッザッと砂利に跳ね返り、大きなリュックの背後にある赤石岳の大観を振り返ることもせずに、ひたすら前進です。

 

みなぎるエネルギーを感じとり、わたしは逆コースです。

 

隠し砦のような山奥の小屋

夕べ強風で目を覚ましたのが、まだ午後9時のこと。

 

その時、空は満天の星。

 

それから朝の2時15分には熱い紅茶を飲み、軽く菓子を口にし、その後はうつらうつら。

 

6時45分には歩き出し。

 

途中でスケッチをしながら、中盛丸山(2807m)では高齢単独男性と行き違い、水場を聞かれて昨日の場所を教えると感激していました。

 

(小兎岳あたりから。赤石岳方面に秀峰を数える)

 

出がけに身につけた防寒コートもリュックにしまい込みます。

 

次に別の若い単独登山者は「御嶽山はどれですか?」と聞くので、分かる範囲で北方の展望を話す。

 

2人とも縦走の荷造りには見えないので、昨夜は百間洞の山小屋泊まりだと思います。

 

健脚なら聖岳を経て椹島(宿泊、送迎バス便あり)まで下ることでしょう。


(百間平と赤石岳を展望しながら樹林を歩く)

 

30分をこの山頂で過ごし、おいしい景色を360度に広げておなかをつくりました。

 

百間洞の山小屋の前を通り過ぎると、隠し砦のような、山の奥深いたたずまいの木造作りです。

 

昨夜の利用者がごく少なかったことでしょう。

 

この小屋まで来るには、赤石岳経由、あるいは聖岳経由でも、二日はかかります。

 

登山者を送り出した後に静まり返っています。

 

百間平の台地を抜ける

沢沿いに登るとテント場。

聖岳方面の展望をものにできるので、実に魅力的です。

 

かといって、さすがに朝のこの時間にテントを張るわけにはゆかず、急斜面のジグザグをこなしていくと、不意に視界が開けて大きな平地が広がり、オッと声が出ます。

 

地図で百間平と確認。

標高2800mほど。

 

南アでは珍しく、平らで大きな平原です。

 

9時過ぎの若い光が、平原の上を跳ね回っているかのように若々しい。

 

大きいとはいっても、これまでしばしば比較で引用した五色ヶ原などとは比較にならない小ささです。

 

全体が白っぽい。

 


(百間平は南アには珍しい山中の台地)

 

ハイマツが点在していて、ダケカンバらしい低木がポツンとあるけれど、高山植物の華やかさに乏しい。

 

南アは高山植物が豊かということですが、この広がりとモノトーンの間には何か自然の采配があるのでしょう。

 

ここからは赤石岳が俄然覆うように迫って感じられます。

 

そっけない台地ですが、神々の踊り場にふさわしい簡潔さとも思えます。

 

テントを張るなら、ここら辺りかな?

 

などと空想のテント泊を想像しながら、分厚く聳える赤石岳への登りにかかります。

 

続きの記事
【第10章】聖岳から赤石岳⑤~聖岳から百間平へ写真で~

山行データ1999年7月31日―8月3日、46歳。単独。静岡駅からバス便。 畑薙ダム(終点)から歩く。茶臼岳から上河内岳を経て聖岳(3,013m)、兎岳から百間平、赤石岳(3,120m)を踏んで椹島へ ...

続きを見る

 

 

応援クリック励みになります♪

山と溪谷最新刊・2022年11月号

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴン

1952年生まれの69歳。 18歳で高校を卒業後、他県生活を30年余。 北海道、北陸、東京など、転勤に伴い転々とする。 退職後は2013年から自宅で小さな英語塾を開設。夫婦で小中高生や社会人と接する一方、夏秋になると北アルプス、南アルプスの山歩きをしている。 中学、大学でプレーした卓球を退職数年前に約35年ぶりに再開。地元高校のコーチは7年目(2022年4月現在)

よく読まれている記事

拾ったゴミ 1

山行データ2021年7月19日-24日、68歳。夫婦歩き。名古屋から中央道経由、長野県伊那市桂木場(1,243m)から入山。 西駒山荘(2,684m)に二泊。小説『聖職の碑』の遭難記念碑再訪、濃ヶ池か ...

2

  山行データ2002年7月31日ー8月4日、49歳。単独。 上高地から入山。槍沢経由で槍ヶ岳から南下し、大キレットを通過、穂高の連山を経て上高地に戻る。 ★3,000m峰は槍ヶ岳(3,18 ...

3

  関心のままに手元に置いてきた山の本を並べると、本棚の一区画を占めるようになってきました。 本の背表紙を見やるだけで、まだ見ぬ山旅へと誘い、過ごした山旅を回想させてくれます。   ...

薬師・避難小屋 (2) 4

    山行データ19歳。大学2年。 1972年7月28日ー8月7日:八方尾根・唐松岳から黒部川へ下り、阿曽原、剣沢、立山、薬師岳、黒部源流、西鎌尾根・槍ヶ岳、槍沢から上高地へ下山 ...

北薬師岳付近 5

    山行データ19歳。大学2年。 1972年7月28日ー8月7日:八方尾根・唐松岳から黒部川へ下り、阿曽原、剣沢、立山、薬師岳、黒部源流、西鎌尾根・槍ヶ岳、槍沢から上高地へ下山 ...

-南アルプス, 登山記録
-, ,

© 2023 山と空と風と、海 Powered by AFFINGER5