南アルプス 登山記録

【第8章】北岳から大井川源流、農鳥岳①~初めての南アルプスへ~

 

前の章
間ノ岳
【第7章】南アルプス越え⑥~馬鹿(バカ)尾根から野呂川、北岳~

    山行データ2005年7月26日~30日、53歳。 単独。伊那市・高遠から入山。戸台の山荘泊の後、戸台川から仙丈ヶ岳、通称バカ尾根から野呂川・両俣に下り、北岳へ登り返し広河原 ...

続きを見る

 

山行データ

1997年7月19日~21日、45歳。単独。
山梨側の広河原から入山。北岳から間ノ岳、三峰岳、大井川源流、農鳥岳から奈良井へ下山。
北岳肩ノ小屋、農鳥山荘で宿泊。
3000m峰は北岳(3,193)、間ノ岳(3,190)、西農鳥岳(3,051)の三座。

 

 

北岳へ、夜中の甲府駅で飛び降りる

堅いエナメル質の床と接する肩や腰が冷えてこわばっています。

 

車内の軽い高揚感のある会話を聞きながらリュックに頭をあずけて横になり、新聞紙を顔にのせて明かりを避けているうちに、何度か眠り何度か目を覚まします。

 

今また目が覚めたのは、北岳登山を目指す列車が停車したまま、わたしの体をいくつもの足がまたぎながら人の声が一緒に出ていく気配のせいです。

北岳・仙丈ヶ岳から
(北岳から間ノ岳を仙丈ヶ岳から展望する=左から)

 

日が変わろうという時刻に新宿駅を出た信州方面の登山列車は、それらしい身繕いの人たちで賑わっています。

 

最初からその覚悟でしたが、ドア入り口あたりを根城に甲府駅までを過ごすつもりでした。

 

(どこなのだろう?)

 

新聞紙をはがし、明かりがともるホームに目を泳がせます。

 

甲府

 

標識を目にした途端、叫び声こそ上げませんが、ここを乗り過ごすわけにはいきません。

 

軽いリュック一つの荷を幸いに、転げるようにしてホームに飛び降ります。

 

南アルプスが最寄りの山に

学生の頃の夜行列車の旅のようして、初の南アルプスの山旅が始まりました。

 

転勤で北陸から東京へ異動していたのです。

 

「住んだところから近い山でいい」

 

というスタイルですので、東京からの3,000メートル峰となると、南アルプスが一番身近になります。

 

すでに転勤早々の春には、東京の最高峰の雲取山を訪ねています。

 

北アルプスと高峰を競う南アルプスは学生のころから気になる山脈でした。

 

ことに南アルプススーパー林道建設に伴う環境破壊の報道には、痛々しい思いがありました。

カール・甲斐駒ヶ岳
(仙丈ヶ岳から北斜面のカール、スーパー林道利用で入山できる)

 

美ヶ原~霧ヶ峰の高原観光道路ビーナスライン建設が環境破壊だとして反対運動が盛んな頃(1970年代前半)と重なっていました。

 

北海道北陸を経て、期せずして南アルプスを歩ける状況がきたのです。

 

甲府駅からバスに乗り、暗い市中を抜けて北岳登山の拠点・広河原へ運ばれるのです。

 

時は、前章(戸台~仙丈ヶ岳~北岳~広河原)からさかのぼること8年前になります。

 

南アルプス事始めとなる今回の山旅。

 

新型コロナウィルスの蔓延に右往左往する今(2021年)から四半世紀前となる1997年周辺と山岳を取り巻く世の中を振り返っておきます。

 

阪神大震災、オウム真理教の地下鉄サリン事件は1995年。

 

自然災害、人災が渾然として社会不安をかき立てます。

 

1997年、山はすでに中高年でいっぱい

山岳に目を移せば、さすがに「山ガール」は登場していませんが、「中高年の登山ブーム」は定着しています。

 

例えば1996年9月12日『読売新聞』はブームの現状を見開きで報告し、ブームの根に深田久弥の随筆『日本百名山』の影響を添えている。

 

ただし、記事は百名山コレクション礼賛ではなく、山歩きの多彩な楽しみ方を指摘します。

 

一方で、百名山を完登した愛好家が、しばしば新聞記事などに登場します。

 

30年がかり、あるいは35年がかりという付加価値も見えます。

 

中高年は遭難でも目につきます。

 

1996年10月に、「67歳が衰弱死 槍ヶ岳」「常念岳では71 歳滑落死」「千葉・鋸山では66歳、転落死亡」の3件が同じ紙面にあります。

 

確かに中高年、特に高年者の山歩きへの傾倒は執着と危険の同居と言い換えたいほどのことがあります。

 

北陸時代のことですが、9月下旬の奥黒部3泊4日の山旅(30人ほどのツアー)に参加したことがあります。

高天原~水晶岳~双六岳(雨天で頂上回避)~新穂高温泉というコースです。

ほぼ9割は中高年というところでした。

テント場
(にぎわう南アルプス・北沢峠のキャンプ場)

 

水晶小屋あたりから雨がひどくなり、暴風の夜に三俣山荘の梁がギィギィきしむ夜が明け、濃霧の雨中を下山するとき、高齢の女性が急坂を走る流れの中で頭から転倒しました。

 

幸いけがらしいけがもなかったというのですが、引率していた男性は、肝を冷やしたと振り返っていたものです。

 

足下の滑りやすさもあるのでしょうが、やはり年齢相応に足腰が衰えてきているのです。

 

中高年の事故は減らず?

1996年は中高年の遭難が際立ち、97年正月の雑誌『山と渓谷』は、「緊急特集 中高年の山と遭難」を組んでいます。

 

遭難(騒ぎ)事例を出しながら、中高年登山の問題点、安全登山への心構え(体力トレーニングも含め)を求めます。

 

別項では北アルプスを管轄する岐阜・富山・長野県警の山岳救助担当者の救助経験談や安全登山への願いが語られます。

 

わたしの南アルプスデビューの97年夏の直後の9月初めには、雨の東北鳥海山(2,237m)で72、70歳の姉妹が死亡。

 

寒冷前線が迫る雨の中、山頂を目指していました。

 

その下旬には福島県安達太良山(1,700m)で14人パーティ(49~64歳)が、危険を告知する看板もある地帯を歩き、火山ガスを吸って4人が亡くなっています。

中央アルプス
(南アルプス中腹から中央アルプス。ケーブルカーで主峰・駒ヶ岳直下まで行ける)

 

このブログの山歩きでも、北穂高岳でわたしのテントに「泊めて欲しい」と飛び込んできた中高年男性2人がいました。

 

今でも無知・無鉄砲・無恥・無責任ぶりを思い出します。(過去記事『雨の訪問者』参考

 

移動手段や山岳道路が整備され、簡単に3,000メートル峰に接近できる時代、山岳事故はなおのこと起きやすくなっていますが、最大限の安全手段はとれます。

 

とはいえ、雨の訪問者やその後の山での見聞や実態を踏まえれば、登山ブームを引っ張る中高年登山が抱える課題は、ほとんど克服できないままのようです。

 

北岳山荘
【第8章】北岳から大井川源流、農鳥岳④~花園にはわけがある~

    山行データ1997年7月19日~21日、45歳。単独。 新宿から夜行列車で甲府駅下車。 バス便で広河原から入山。北岳から間ノ岳、三峰岳、大井川源流、 農鳥岳から奈良井へ下山 ...

続きを見る

 

 

 

Amazonチャージ

Amazonギフト Amazonでお買い物をするならAmazonチャージのご利用がおすすめ!

チャージごとに最大2.5%のアマゾンポイント還元です。

各種クレジットカードの還元率が下がってきている事と比べるとお得な還元率。

このチャージシステムを利用して上手にお買い物を楽しんで下さい(^^)
 

\簡単チャージ!/

Amazonギフト券の入金方法を確認してみる

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴン

1952年生まれ。 18歳で高校を卒業後、他県生活を30年余。 北海道、北陸、東京など、転勤に伴い転々とする。 退職後は2013年から自宅で小さな英語塾を開設。夫婦で小中高生や社会人と接する一方、夏秋になると北アルプス、南アルプスの山歩きをしている。 中学、大学でプレーした卓球を退職数年前に約35年ぶりに再開。地元高校のコーチは5年目(2020年4月現在)

よく読まれている記事

笈ケ岳 1

  このブログには、<山と空と風と、海> とタイトルをつけました。   「日本海の富山湾(親不知海岸)と太平洋・駿河湾(田子の浦海岸)を結び、3,000メートル峰のすべてを歩いた」 ...

2

  関心のままに手元に置いてきた山の本を並べると、本棚の一区画を占めるようになってきました。 本の背表紙を見やるだけで、まだ見ぬ山旅へと誘い、過ごした山旅を回想させてくれます。   ...

薬師・避難小屋 (2) 3

    山行データ19歳。大学2年。 1972年7月28日ー8月7日:八方尾根・唐松岳から黒部川へ下り、阿曽原、剣沢、立山、薬師岳、黒部源流、西鎌尾根・槍ヶ岳、槍沢から上高地へ下山 ...

北薬師岳付近 4

    山行データ19歳。大学2年。 1972年7月28日ー8月7日:八方尾根・唐松岳から黒部川へ下り、阿曽原、剣沢、立山、薬師岳、黒部源流、西鎌尾根・槍ヶ岳、槍沢から上高地へ下山 ...

北穂から槍 5

    山行データ2002年7月31日ー8月4日、49歳。単独。 上高地から入山。槍沢経由で槍ヶ岳から南下し、大キレットを通過、穂高の連山を経て上高地に戻る。 ★3,000m峰は槍 ...

-南アルプス, 登山記録
-,

© 2021 山と空と風と、海 Powered by AFFINGER5